スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お疲れ様でした

ようやく魔の12月勤務が終了した。
疲れた・・・

ホントに12月は死の月だよ。
何度、心が折れそうになった事か。

誰よりも早い時間に出勤して仕込み・準備を行い、誰よりも遅い時間まで働いて店の片付け・戸締りをして帰る。
これほど店に忠誠を尽くして働いている従業員は他に見た事がない。

もっと報われてもいいはずだが・・・
せめてもう少し労いの言葉を受けてもおかしくないのだが・・・

原付バイクでの帰り道、涙が出てきた。
寒いからではない。
閉店作業中に「おい!何やってんだ!てめぇ!この馬鹿野郎!」と店長に怒られたからでもない。

この辛い辛い1ヵ月間が走馬灯のように思い出された。
これほどに苦しい12月は過去あっただろうか・・・?

いや、何度もあったな・・・

まぁ、とにかく今年も無事に仕事納めを迎える事が出来た。
まずはそれが何よりだ。

明日からは長期の休暇に入る。
豪遊の準備は出来ている。

まずは明日は実家に帰省。
年老いた両親の顔を見てくる。

一緒に年越しして、一緒に初詣に行く。
不甲斐ない息子だが、何とか親孝行をしてやりたい。




スポンサーサイト

もうゴールは目の前に

ようやく店も落ち着いた。
久々にバタバタしない楽な営業だった。

最後に面倒な客が来て、結局帰宅時間は遅くなってしまったが、まぁ1日楽な営業だったのでヨシとしよう。

今月はホントに追われるだけの毎日だった。
一ヶ月がすごく長く感じた。
12月上旬なんて、もう遠い昔の出来事のようだ。

でもこうして落ち着いて振り返ると、あっという間にも感じられる。
もう明後日は大晦日なんだな・・・
兎にも角にも、こうして無事に一年を過ごせたのは幸せなこと。

明日で仕事納め。
明日を乗り切れば、正月休みだ。
あと1日、気を抜かずに務めること!

いつになったら楽になれる?

先週の土曜日に店長から

「もうこれで12月のピークは終わったな。来週からは売り上げも落ちて暇になるぞ」

そんなことを言われた。

・・・何が暇になるだ!
昨日も今日もイヤになるようなクソ忙しさだ。

開店直後から閉店時間まで客足なんて全然途切れない。
12時間ひたすら動き回り、ようやく仕事終了。

勤務終了後、従業員とミーティングを行う。
俺ともう一人の厨房スタッフと2人で下っ端会議をした。

まぁお互いに仕事に対する愚痴を言っただけだ。
「もうやってられねぇよ」
「何だこの忙しさは」
「明日もこんな営業かよ」
「まぁ、もうあと少しの我慢だ」

そう、あと少しの辛抱でこの地獄から開放される。
頑張れ、頑張ってくれ、俺。





2011年12月資産公開

今年ももうすぐ終わりだ。
年末恒例の自分の資産集計を行った。

今年一年間でどれだけ貯蓄が出来たのかを確認。

現在の自分の資産。(半年前との比較)

(2010年12月)

総資産 9352000円


(2011年6月)

総資産  9329000円

(2011年12月)

A銀行定期預金・・・1004000円(変動なし)
A銀行普通預金・・・4034000円(+493000円)
B銀行定期預金・・・1006000円(変動なし)
B銀行普通預金・・・2708000円(+200000円)
証券口座・・・・・・1110000円(-160000円)

総資産・・・9862000円(+533000円)


・・・情けない結果だ。
一年間で50万ほどしか増やせていない。
こんだけ毎日毎日、長時間労働を繰り返していながらもだ。

まぁ最大の原因は株価の暴落。
1年前より60万円ほどマイナスの評価額だった。
もうさすがにギブアップして全て手放して損切りしたが・・・

悔やまれる。
それさえなければ資産1000万円も可能だった。
あとはもう少し競馬の勝率を上げる事。
有馬記念程度の回収額じゃ焼け石に水だ。

来年はもっと飛躍をしたい。

クリスマスの奇跡

日曜日、休日。

もう年末だと言うのに、店は相変わらずの忙しさだ。
売り上げもそうだが、何より人出不足が辛い。

今日は日頃の激務から開放される貴重な休日だ。
ゆっくりと身体を癒したい。

昼過ぎに起きる予定だったが、朝っぱらから不快な携帯の着信音で起こされる。
仕入れの業者からだった。

「今日はクリスマスですが営業されるんですか?」
「イヤ、休み」

それだけの会話のために貴重な休日の睡眠を妨害された。
何とか2度寝をしようとするが中々眠れない。

何より寒い。
今日は一段と冷え込みが厳しい。

あまりの寒さで布団から出れない。
何とか勇気を出して布団から這い出る。

すぐに着替えをして外出。
こう寒いと何もする気になれない。
まずはサウナに行って身体を暖めてから今日の行動を決める事にする。

広い湯船に足を伸ばして浸かり、サウナで発汗して身体を暖める。
サウナはいい。
寒いこの時期はサウナが助かる。
おそらく週2回はサウナに入店するだろう。

休憩所で寝っころがりながら有馬記念を観戦する。
当然、事前に馬券は購入済みだ。

競馬はもう何連敗しているんだろう・・?
俺の呪いにかかった馬はことごとく凡走する運命にある。

まぁ、わずかな期待を込めて観戦・・・・
1着、オルフェーブル。
2着、エイシンフラッシュ。
3着、トゥザグローリー。

俺の馬券を確認・・・当たってる・・・!

久々だ。
本当に久々に儲けれた。

差し引きの利益は5万円ほどだが、何より最後の最後有馬記念で馬券を当てれたのがすごくうれしい。
散々な1年でも、終わりよければ全てよしなのだ。
最後の一戦で勝てば勝者で年越しできるのだ。

これで正月休みの交通費とホテル代は確保出来た。
予定では正月の2日と3日を歌舞伎町で過ごす。

来月の2日と3日に暇な人がいたら、メール下さい。
歌舞伎町で一緒に一杯やりましょう。

奇跡を待つ

昨日は念願の給料日だった。
今月は年末調整の還付金があるので通常より多い支給額なのはわかっていた。

この忙しい毎日。
我慢して我慢して・・・ひたすら耐えた。

そしてようやく給料日を迎えたのだ。
よくやった、よく頑張った、俺。

中身を確認。
予想よりも多い支給額だった。

これで正月休みは豪遊できそうだ。
いや、その前に有馬記念で一勝負してやろう。


給料日で俺のモチベーションは上がったものの、あっという間に仕事のやる気はなくなった。
ボロクソに店長に怒られたからだ。

別に俺に対して文句を言っているわけではない。
厨房のチーフの仕事ぶりに対して怒っていたのだ。

この店の店長とチーフは仲が悪い。
たちの悪いことに、お互いではあまり会話もしない。

お互いの不平不満は第三者にぶつけている。
この店で、気が弱くて八つ当たりをしても大丈夫な人物に・・・
もちろん俺だ。

俺はこの店におけるストレス解消口。
好き放題文句を言われても、何一つ言い返せないヘタレ野郎のおっさんだ。

自分で自分が情けないし、悲しくもなるがそういう星の元に生まれた宿命なのだろう。


使い物にならないクズばかり

最悪の日だった。
物凄い忙しさ。
本年度最高の売り上げの日だった。

今は12月だ。
飲食店にとって一番の稼ぎ時だ。
今、売らずにいつ売れるというのだ。

そんな大事な時期に当日欠勤をぶっこく馬鹿がいるから腹が立つ。
厨房のチーフだ。

風邪を引いたので休みますだと・・?

別に風邪をひくなとはいわない。
人間誰しも体調を崩す時はある。

ただ、なぜこの年末の一番の忙しい時期に風邪をひくのだ?
自己管理して体調の維持に努めろよ。

せめて1週間我慢しろよ。
正月休みに好きなだけ風邪ひいて寝込んでればいいんだよ。

お前一人の当日欠勤のおかげでどれだけの人に迷惑をかけているかを思い知らせてやりたい。
最大の被害者は俺だ。

クソ忙しさと完全な人出不足で店長は完全にぶち切れていた。
あまりの手の付け様のない忙しさに俺もイライラが止まらない。

店長と2人、お互いに逆切れしながらの営業だった。


百年の孤独

昨日は日曜日、休日。
ある女性の方と会ってきた。

俺の挙動不審さを笑っていた。
「あまり人と話すのが好きじゃないでしょ」と痛い所もつかれた。

ああそうさ!
俺は社交性ゼロのおっさんだ!
コミュニケーション能力が欠如している欠陥品さ。

孤独に生きて、孤独に死んでいくだけの人生・・・
もう、開き直るしかない。


今日は月曜日。
先週はクソ忙しい日が続いた。
今年の12月のピークも過ぎただろう・・・

何て全然ウソだった。
今日も先週と全く変わらない。
めちゃめちゃ忙しい。

こんなもん、何時に終われるか分からない。
途方に暮れて黙々と片づけをしていた。

「忙しいなか、お疲れ様だったな」
そんな言葉は店長は決して口にしない。

「お前はまだ、片付け終わらねぇのかよ!俺はもう先に帰るからあとやっとけよ!」
そう捨てゼリフを残して帰宅していった。

結局、いつも通りに厨房内で独り残る俺。
独りきりで片付け、掃除して、発注して・・・

戸締りをして店を出るのは午前2時。
今日も寒い寒い帰り道だった。






愚痴

今日も店は大忙しだった。
昨日の売り上げもすごかったが、今日もほぼ同じくらいの売り上げを叩き出している。

でもこれで12月のピークは終わった気がする。
来週も忙しいだろうが、昨日・今日ほどの売り上げは無理だろう。

今日は忙しい営業だったが、比較的店はスムーズにまわっていた。
厨房内も滞ることなく料理も提供できていた。

こんなに売り上げの高い日でも、店がスムーズに回っていた。
すべては俺の事前準備のおかげだ。

みんなの見えないところで、俺が食器の手配などを備えていたからこそトラブルなく順調に店はまわったのだ。

しかし、その俺の準備万端、完璧な計画をぶち壊していく男がいる。
店長だ・・・

店長の指示は支離滅裂、言う事がコロコロ変わっていく。
その都度俺は計画をやり直す。
即座に反応しないと店長はすぐにぶち切れるからだ。

ピーク時間が過ぎても来店客が止まらなかった。
店長の不安定な指示に振り回されながら、オーダーを片付けていたが、一時料理が出せない状態になってしまった。

店長は怒り爆発だった。
「何をトロくせぇことやってんだよ、馬鹿野郎が!たわけかお前は!」
(原文のまま)

10代・20代の若いバイト達の前で、普段えらそうに指示出しているおっさんアルバイトが罵声を浴びせられていた。
もちろん俺のことだ。

屈辱だった。
悔しかった。
泣きたかった。

給料日まではあと1週間か・・・

寒波

クソ寒く、クソ忙しい1日だった。

朝から寒い寒いと思っていたが、仕事終わりの深夜には雪もチラついていた。
初雪だ。いよいよ恐れていた季節になってきた。

店は相変わらずの大忙し。
営業中何度も予約の電話がかかって来るが、店はしばらくは満席の状態が続いている。
丁重にお断りをする。

「何とか席を取れ」
と無茶を言う客もいるが・・・
この時期は無理なんだよ!

営業だけの忙しさではなく、俺はいろいろな雑用係で忙しい。
下っ端の悲しさだ。

明日もめちゃめちゃ予約が入っている。
営業終了後に倉庫から明日の宴会の器材を引っ張り出して準備して今日の勤務は終了。

帰り際、店長から蜜柑をたくさん頂いた。
家で食べろ、と言う事だが・・・
独り暮らしのおっさんに20個は多すぎるだろ。










あと半月

疲れる・・
疲れるだけの毎日。
ホントに何が楽しくて俺は生きているのだろうか?

今日は延々と新巻き鮭を切る作業をしていた。
固かった。冷たかった。面倒だった。

面倒だったので途中から結構いい加減にカットしていた。
明日クレームにならなければいいが・・・

ぼんやりと明日は祝日だな・・・と考えていた。
しばらくカレンダーを眺めて気づいた。
あ、祝日は来週だった。

日付の感覚がおかしくなっている。
というか一ヶ月が異常に長く感じる。
師走なのに。

感謝の気持ちを忘れず

会社からボーナスを頂けた。
金額は例年通り。
もうここ何年間も定額支給になっている。

俺はしがないアルバイト。
本来ならボーナスの支給などもありえない身分だ。
すべては会社の好意で貰えているのだ。

上司、会社に対しては感謝しかない。
金額が少ないなどと不満を抱くのはお門違いだ。


分かってはいる。
分かってはいるのだが・・・

俺と同年代の連中は、この何倍もの金額を一回のボーナスで受け取っていると思うと俺の心が折れそうになる。
すべては自分の責任なのに。


今月は忙しい日が続いている。
疲労で身体も辛い。

あと約2週間ほどの我慢だ。
この苦しい2週間を乗り越えれば正月休みだ、連休だ。
それまでは機械になって働くのみ。

競馬をしない日曜日なんて

日曜日、休日。

少し前の日記に書いたが、しばらくギャンブルには手を出さず頭を冷やす事にする。
なので休日の日課である競馬、パチンコは禁止だ。

パチンコはともかく競馬をしない日曜日なんていつ以来だろう?
ここ数年記憶にない。

さて、競馬もパチンコもしないとなると無趣味なおっさんにはやる事がない。
貴重な休日も何もなく終わってしまう。

何かしなければと思い、出会い系で知り合った女性に連絡してみた。
そして会ってきた。
それで日曜日の休日は終わり。


明けて月曜日。
予約してあった歯医者に出かける。

歯医者恐怖症は大分マシになったが、朝早く起きて出かけるのが何より面倒くさい。
治療費だって馬鹿にはならないし・・・

今日は奥歯を抜歯した。
治療中、痛みはあまりないものの麻酔が喉の奥に流れ込み苦しかった。
思わず吐きそうになった。

今、糸で歯茎を縫っているようだ。
次回の治療で抜糸するらしい。





まだまだ、これからがピークだ

連日忙しい日が続いている。
今日も大忙し、吐き気がするほどの忙しさだ。

厨房に新人アルバイトが最近入ってきた。
この忙しい季節に入ってくるとは気の毒に・・・

当然の如く、指導は俺に丸投げだ。
俺も親切、丁寧に指導していきたいとは思っているのだが・・・無理だって!

こんなクソ忙しいなか、新人の相手をしながら注文を捌いていくのは限界がある。
新人なんて戦闘力はゼロではない、マイナスだ。

いるだけで、俺の仕事の負担を増やすだけだ。
何もしないでボケッとしているだけの方が俺は助かる。

結局、今日もロクに仕事を教えれなかった。
もうこの職場にも嫌気がさしているだろう。
明日、出勤してくるだろうか・・?

撤退

俺には常人ではありえない、ものすごいパワーを持っている事が証明された。

世界の常識を簡単にひっくり返してしまう、恐ろしい「負」のオーラを背負っているようだ。
もはや神、疫病神の領域だ。

自分で自分の才能が恐ろしい。
この先どう考えても絶望の人生しか待っていない。

競馬で言うと、今現在最も強い馬、「ブエナビスタ」
このままならこの馬が有馬記念も優勝する運命だとしよう。

が、俺がブエナビスタの単勝馬券を購入する事によって、その運命を捻じ曲げる事が出来てしまうようだ。
俺の行動1つで、本来あるべき姿の運命が変わってしまう。
そしてそれは、決して俺に幸運はもたらさない。
どうやら生まれつき、俺に備わっている特殊能力のようだ・・・

この日記を読んでいる人には馬鹿馬鹿しい話だと思うかもしれない。
だが、当の本人、俺自身には分かる。
これは現実の話なのだ。

今度の日曜日もいつものごとく競馬で勝負してやろうと思っていた。
もうかれこれ5年ほど、毎週欠かさず馬券を購入してきた。
たとえわずかでも勝利の可能性を信じて。

だが、それは間違いだった。
今現在、俺が馬券を的中させれる可能性は0パーセントだ。
100パーセント当たらない。

しばらくギャンブル活動を休止する。

今日の出来事

やはり12月は死の月だ。
飲食店にとって一番の稼ぎ時、繁忙期なのは分かるが・・・
限度があるわい!

今週は水曜日以外は、全て早朝からの出勤。
勤務終了はどんなに早くても午前12時。
こんな生活続けていたら、死あるのみ。


郵便局で、株の配当金を受け取ってきた。
この企業のおかげで俺は何十万円と損失を出した。
今回、配当金で帰ってきたのは8000円ほど。
焼け石に水だ。


闇金ウシジマくんを立ち読みしてきた。
今週から新展開がスタートした。

・・・面白い。
1話目からして今回の話は、名作の匂いがする。

やはりこの作者の慧眼ぶりには恐れ入る。
読者が何を期待しているかを、よく分かってらっしゃる。
俺を含むダメ人間どもは、こういう話が大好きなのだ。

ふっ切れた

仕事が終わり、家でボケーと過ごしていた。
寒かった。

突然、暖かい風呂に入りたくなった。
我が家のユニットバスではない。
足を伸ばせてくつろげる湯船につかりたかった。

深夜だったが、サウナは24時間営業している。
よし!サウナに行こう!

サウナに到着。
が、俺は入店を拒否される。
満席で今は入場規制という話だ。

仕方なくトボトボと我が家へと戻る。
この寒い真夜中に、何をやってるんだろう俺は?

・・・この深夜の出来事でイヤな予感がした。
これは今日の休日はロクな事がないんじゃないだろうか。

予感は的中した。
競馬・・・予想通りハズレ。
パチンコ・・・まったく当たりもひけず終了。

あんな手堅い競馬にもかかわらず、俺の選んだ馬券は決して当たらない。
どうしても神様は俺には当てさせたくないようだ。

パチンコも俺の台だけは絶対に当たりがひけない。
両隣は大体、大当たりしているのに。

自分の運の悪さに嫌気がさした。
絶望感に自殺したくなった。

が、そのおかげで何かふっ切れた気がする。

戦力(金)を小出しにしながら敗戦を積み重ねているだけの人生・・・
つまらない、つまらなすぎる。

もっと自分の欲望のままに、やりたいように人生を楽しみたい。
1ヵ月の支出金額を最低限に抑えたからって、それが一体何の役に立つのだ。

わずかばかり人生を長生きしたって、その人生が楽しくなければただ苦しみが長引くだけだ。
そこまでしてみじめに生きながらえてもしょうがないじゃないか。

金は使ってこそ価値が出る。
持っているだけでは絵に描いたモチだ。
俺は豪遊する事にした。

今まで節約していた分を一気に消費する。
面倒だった義理の問題も一気に解決させた。
久しぶりに風俗店にも行って見た。
とにかく、財布の中身をカラッポにしたくなったのだ。

帰宅した今、財布の中身はほとんどカラだ。
タンスの中から現金を取り出し、財布へと補充。
次の日曜日も豪遊する。
チマチマとわずかばかりの貯金なんて下らない。


まぁ、いつもの事だ

予想通り、店はメチャメチャのクチャクチャになった。
店の許容範囲を上回る客数が一気に来店したからだ。

別に客は何も悪くない。
事前に予約して、その時間通りに来店しただけだ。

馬鹿なのは、何の考えもなしに予約を受け取るだけの店側だ。
全ての予約を同時刻に設定して、店がスムーズに回るわけがない。

どんなに事前準備を万全にしていても、従業員が人員不足なのでは何の意味もない。

てんてこ舞いの厨房に顔を出して
「おい、早く料理出せよ!」
「いつまで掛かってんだよ!」

無駄にせかすだけの店長。
協力はしてくれなくてもいいが、足を引っ張るのだけは止めてもらえないか・・・

今日も決意を持って帰宅した。
こんな店、さっさと辞めてやらぁ!

魔の週

死の3日間を乗り越えた。

この3日間、朝8時から夜12時までの長い長い勤務時間。
いや、2日目は深夜1時までだったな。

まぁ、とにかく苦しい3日間だった。
朝が苦手な俺には、この勤務時間は拷問でしかない。

明日はようやく通常の出勤時間に戻れる。
久しぶりにゆっくり寝れる。

ただ、予約がウンザリするほど入っている・・・
営業中はクチャクチャに店はなるだろう。

明日の金曜日を何とか乗り切る。
無事乗り越えたら自分にご褒美をやろう。
プロフィール

あおいKS

Author:あおいKS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。