スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日はどうする?

今日、明日と名古屋では「ど真ん中祭り」とやらが開催されている。

原付バイクで繁華街を昼ごろ通ったが、すごい人の数だった。
おまけに俺の大嫌いなテレビ番組「24時間テレビ」のイベントまで開催されてやがった。

引き続き、明日も両方ともイベントが行われ、大通りは交通規制されて、街は大勢の人で賑わうだろうな。

・・・鬱陶しい。

まだ迷っているが、明日はやはり名古屋を脱出して旅に出ようかな・・・


スポンサーサイト

開き直り

身体の調子が悪い。
完全に「エアコン病」にやられている。
夜、あまりの暑さにエアコンを付けっぱなしで寝ているからだ。

エアコン付けっぱなしって・・・

今月の電気代はどうなってしまうんだろう?
以前のケチな俺からは考えられないような浪費、贅沢をしている。

もう、どうでもいいや・・・
光熱費など、そんなちっぽけな事にこだわってまで小銭を貯めたところで、一体なんになるというのだ?

そんなチマチマ出費を減らすようなセコイ考えではなく、一発ドカ?ンと大儲けするのを考えよう。

やはり競馬だな・・・
日曜日、久々に大勝負を張ってみるか。

現在悩み中・・・

今回の求人広告によりうちの店の厨房には、3名の新人バイトが入社してきた。
その若手三銃士の一人は、昨日の日記にも書いたが早々と退職していった。
やはり俺のイビリが効いた様だ。

今日は三銃士の2番手が俺に挑んできた。
まぁ、挑むというか、俺が付きっきりで一緒に仕事しただけだが。

この若手はすごくおとなしい青年で、俺が教えてる事も理解しているのかどうか・・・
何せ、「打っても響かない」奴なので相手をする俺がすごく疲れてしまう。
このままでは、俺が先にギブアップしてしまいそうだ。

明日もこの青年と一緒に仕事をする予定。
ゲッソリする。

三銃士の最後の一人、若い女の子も明後日に出社する予定。
ウンザリする。

人見知りのおっさんにとって若手のバイトの相手は本当に疲れるのだ・・・
誰にも、この苦しさは分かってもらえない。
店長は、
「新しいバイトも入れてやったんだから、お前もだいぶん楽になっただろう。」と言い出す始末。
つらい毎日が続いている・・・


今日は給料日だった。
家に帰宅後、給料袋を開けて現金を数える至福のとき。

一ヶ月お疲れ様でした、俺。
ビールで乾杯しながら、今月の手取りを確認する。

まぁ、俺の場合、毎日家計簿で日々の勤務時間も記入しているので、支給額は分かってはいるのだが。

・・・・。
おかしい・・・
俺の家計簿の勤務時間と会わない。

勤務日数は合っているのだが、今月の俺の労働時間が計算より10時間ほど足りない。
ひょっとして、俺がタイムカードを打刻ミスした分が含まれていないのだろうか?

その時は店長に申告して、店長が「修正しておく」とは言っていたが忘れているのだろうか・・・

まずいな・・
どうするよ?

常識なら店長に報告して、会社の経理にもう一度調べてもらうべきだが・・・はたして言うべきだろうか?

俺の場合、店でのポジションを考えると、報告すると帰ってマイナスになる面が多い気がする。
ここは泣き寝入りで我慢した方が得策だろうか・・・




新人キラー

つい最近入ったばかりの新人バイトがもう辞めていった。
22歳の若いお兄ちゃんで、すごく仕事に対してやる気を見せていたのだが・・・

原因はやはり指導係りに問題があったのだろう。
つまり俺の教え方が悪かったようだ。

この兄ちゃんは「早く仕事を覚えて、シフトにたくさん入り稼ぎたいです!」、周りに話していたが、そう思惑通りには行かせねぇ。
この店は「俺」という絶対者が常に店のど真ん中に居座り、開店作業から閉店作業まで目一杯シフトに入り働くのだ。

入社したての若造ごときに俺の牙城を崩されてたまるものか!
お前らまだまだ青いぜ!

とりあえず、この店の「世代闘争」における第一の刺客を撃退してやった。
が、ホッとしている暇はない。

すでに第二の刺客が入社して来た。
次の相手は20歳の若いお姉ちゃんだ。しかも非常に可愛らしい。

しかしどんな奴が相手だろうと、少しでも俺のシフトを削らせはしない。
俺に挑戦してくるような奴は叩きのめすのみ。
決してこの店における俺の地位は変動しない・・・いや、させないのだ!

が、こんな可愛らしい女の子が相手では明らかに俺に分が悪い。明らかに不利だ。
店長も社長もオーナーも、どう考えても俺より女の子を優先させて勤務させるだろうな・・・
何か対策を考えよう。



日曜日の日記

日曜日の日記

昼過ぎに起床後、馬券を買いに出かける。
最近、何となくだが「金運」が上昇している気がする。

ひょっとしたら、今日も当たるんじゃないか!
期待しながらレースを観戦。

結果は・・・やっぱりハズレ。
俺の得意技、「1着・2着・4着が的中」が今回も決まってしまった。

まぁ、当然だろう。
俺だもの、運の悪さは天下一品なんだから。

運の悪い時には、悪い事が重なるもの・・・
出会い系もさっぱりだった。

やはり俺の不細工すぎる顔は大きなハンデを背負っている。
「優しそう」「真面目そう」・・・
初対面の女性に、間違いなく俺が言われるセリフだ。

俺は他人にそういう印象を与える顔だと言う事を自覚している。
そして、「優しそう」「真面目そう」というセリフは不細工な人に対する社交辞令だと言うこともイヤというほど自覚している・・・

身体をリフレッシュさせるためサウナへと向かった。
職場で頂いた無料招待券があったんだ。

こういう時、今の職場の良さを感じる。
通常なら入場料で3000円くらい取られるのだが、俺はサウナなんて自腹で金を出した事がない。
職場でもらえる招待券でいつも入場出来る・・・幸せ者だな。

ゆっくりとサウナでくつろいだあと、繁華街へ出てみて驚いた。
物凄い人の数だ、大通りが歩行者天国になっていた。

どうやら今日は祭りが開催されているようだ。
出店もたくさん出ている。
みんな、楽しそうに、幸せそうに祭りを見学している。

一人ぼっちの俺は、とても寂しくなった。
一刻も早くこの場から立ち去ろう、とすぐに帰宅した。

俺は休日になると大体繁華街へ出かけるのだが、今後こういう祭りが開催されている時は近づかないようにしよう。
圧倒的な孤独感で、精神的に細い俺の「死のうかな・・病」が出てきてしまう。

来週の日曜日も大きな祭りが行われるようだ。
今度は今回よりもかなり広い範囲で様々なイベントなどが開催されるようだ。
我が家のすぐ近所でもパレードがあるようだ。

決めた。
来週の日曜日は名古屋を脱出する。

行き先は・・・そうだ大阪だ。大阪に行こう!
難波観光で休日を過ごす事にしよう。




優勝おめでとう!

夏の甲子園、高校野球の決勝戦があった。
今回俺が応援していた、興南高校が見事に優勝してくれた。

よくやった!
ホントによくやってくれた!

2年前の大阪桐蔭以来、俺の予想が的中した。
俺の応援という「負のオーラ」を打ち破ってよくぞ優勝してくれた。
最高の気分だ。

もう1校予想した履正社は大した事なくて、落ち込んでしまったがそれを挽回するような大量得点を挙げてくれて・・・おっさんは感謝するばかりだ。

気分もよくなった。
明日は仕事も休みでさらに気分がいい。
よしっ!、出会い系で女でも探してくるか。

貧欲に働く

疲れた・・・
忙しい営業だった。

まぁ、予約の段階である程度の忙しさは予想出来たが、客数の多さだけでなく客層の悪さで、余計に疲れる一日だった。

うるせぇ客がいた。
何やかやとクレームをつけてくる。
刺身がイマイチだの、オードブルがイマイチだの、松茸がイマイチだの・・・

女を引き連れて来店していたから、格好つけようとして美食家ぶってる。バカだ。
まぁ、そんなバカの金持ちがうちの店に金を落としていって、俺たちの給料に還元されてるのだから感謝しないとな。

そんなこんなで、俺の労働時間も長くなった。
今日の労働時間は13時間だった。

俺の労働時間の最低ノルマは1日10.5時間。
まぁ、ノルマは達成出来たし良しとしよう。
来月は盆休みの影響で給料の大幅ダウンが確定しているし、少しでも稼がないと・・・


うれしい出来事があった。

リンクさせてもらっている、「くらげネコさん」と「ミストさん」が無事に日記を更新されていた。
2人のファンであり、ブログを書くお手本にさせてもらっている俺としてはうれしい限りだ。
今後も無理なく日記を継続されて欲しいものだ。


対人恐怖症

今日は新人バイトの勤務日だった。
前回の初出勤は7月の末だった。

20日ぶりくらいに出勤してきた若いお兄ちゃんだ。
今日が2回目の出勤になるわけだ。

前回の初出勤日と同様に俺がツキっきりで指導を行う。
とにかく疲れた・・・

すごく大人しい青年で、全然会話をしようとしない。
物静かな二十歳の若者と、ネクラな無口なおっさん・・・一体、何を話せばいいの?

沈黙状態で黙々と目の前の仕事を片付けていった。
ホントに新人バイトへの指導はもうイヤだ。

時間になり新人バイトが仕事から上がった時には、とりあえずホッとした。
やはり俺は一人で黙々と仕事をする方が気が楽だ。

又、今度さらに新しいバイトが厨房に入ってくるらしい。
今度は若い女の子だそうだ。

とりあえず、新人が来たら何でもかんでも俺に丸投げにするのはもう勘弁して欲しい。
こんな人見知りの激しいオッサンに若い子達の相手をさせるのは酷な話だろう。

日常

気が付けば、長かった盆休みも終わり、いつも通りの毎日が繰り返されている。

やっぱり俺には、こうやって仕事に追われてヒィヒィ言いながら過ごす方が合っている。
連休中にくらべ、体調もすこぶる良い。

今の職場でも、仕事中の8割はイヤなことばっかりだ。
しかし、そんなツライ毎日を耐えているからこそ、週一度の日曜日の休みがありがたいのだ。

今週はあと3日出勤すれば休みだ。
明日、明後日とゲッソリするほど予約が入っている・・・
もう、予約を見るだけでやる気も何もなくなってしまう。・・・が、耐えるのみ。

今月はともかく、来月は盆休みの影響で給料も大幅にダウンしているから、稼げるうちに精一杯稼いでおこう。

連休終盤

8月15日。

今日は日曜日だった。
連休が続いていたのですっかりボケていた。
馬券を買いに行かねば!
どうせ当たりもしないのに・・・ご苦労な奴だな、俺は。

気が付けば盆休みも明日で終わりだ。
明後日からは、又馬車馬の如く走り回る毎日に戻るだけだ。

・・・あ?イヤだ!
仕事の事を考えると憂鬱になってくる。
何とか働かずに生活する手段はないものだろうか?


今日は、ある女性の方に会ってきた。
出会い系で知り合い、何度か電話とメールのやり取りをし、今日会う約束をしていたのだ。
自称「モデル」、「キャンギャル」だと言っていた。

自分で自分の事をそう言う風に紹介する奴は、実際大した女ではない。
俺の出会い系歴の経験だ。

が、期待はしてしまう。
どんな女性だろうか・・・

俺は女性の「声」で興奮出来る変態だ。
この女性の声には全然魅力を感じなかったのだが・・・

実際に待ち合わせ場所で会って見た。
・・・やっぱり大した事なかった。

何が「モデル」だ。
何が「キャンギャル」だ。

自称、ある服飾ブランドのモデルだと自己紹介していたが・・・まぁ嘘だろう。
せいぜい、スーパーのチラシかなんかのモデルがいいとこだ。

結局、諸事情がありこの女性とはすぐにお別れした。
が、明日またお会いする予定だ。
ちょっと面倒くさくなってきたな・・・

何やかやで、疲れる1日だった。
ただ疲労感だけが残っている。
貴重な休日を無駄に過ごしたのではないかと。

だが、捨てる神あれば拾う神あり。
1つだけいい事もあった。

競馬が当たっていた。
少しばかり小銭を儲ける事が出来た。

そういえば今回の連休中は全然ギャンブルをしていなかった。
当初はパチンコ三昧になるかと思ったが、結局1度もパチンコ店に入店すらしなかった。

ゴルデンウィーク以来、久しぶりに打ってみたかったのだが・・・
まぁ、いいや、どうせ当たりを引けない体質なんだし。
正月休みまで我慢するか。

盆休み2日目

歌舞伎町の漫画喫茶から更新。
今日の寝床でもある。

昨日の晩、中々寝付けなかった。
やはり連休中は生活のリズムを保つのが難しい。

相変わらず頭痛と胃もたれが続いていた。
自分のヤワな体に腹が立った。
自分にカツを入れる為に外にランニングに出かけた。

深夜いや、早朝かな。
8キロほどを走破してみた。

めちゃめちゃしんどくなって、ゲロを吐く寸前だった。
しかしおかげで何とか熟睡出来たようだ。

ふと目が覚めたら、もう14時過ぎ。
大急ぎで家を出発、名古屋駅から新幹線に乗り込んだ。

東京に着いたのは17時過ぎ。
そのまま新宿へと向かった。

俺が新宿へ来たのは「欲」を満たすためだ。
が、イマイチ欲が出てこない。
「食欲」も「性欲」も・・・体がまだ本調子ではないようだ。

己の体をリフレッシュさせるために、まず「マッサージ」を受けることにする。
ビチクレッタさんにメールで教えてもらったオススメの店へ入店。

俺には初体験の中国女性のオイルマッサージだった。
90分間体を丹念にもみほぐしてもらった。

おかげで体のオーバーホールが出来たようだ。
俺の「食欲」、「性欲」もムクムクと沸いて来たようだ。

有名なラーメン店に向かうことにした。
「ラーメン二郎」という店でかなりの繁盛店らしい。

よし!ラーメンマニアの俺が吟味してやろう!
そう思い歌舞伎町の店に行ってみたのだが、すごい行列だ。

こんな行列に並んでまで食いたくはない。
それに時間がもったいない。
結局、歌舞伎町のいつも利用するラーメン屋で食事を済ました。

次は「性欲」を満たすべく風俗店へと行ってみた。
最初に入店した店は、
「5分ほどお待ち下さい、すぐご案内します。」

そういって15分ほど待たされた。
頭にきた俺は、即効キャンセルを告げ返金を受け取り違う店を探すことにした。

で、何気なくある風俗店に入ってみた。
その店は「マットプレー」専門の店のようだ。

マットの上で大量のローションにまみれながらマッサージを受ける俺。
担当した嬢は、最初は無愛想だったが、プレーしている内に可愛い笑顔を見せるようになっていた。

「まぁまぁだな。」
そう言って店をあとにした。

ちなみに「まぁまぁだな」というのはうちの会社の社長の褒め言葉だ。
社長からはそれ以上の褒め言葉を聞いたことがない。

社長のことを書いたら勤めている店が恋しくなってきた。
たった2日間出勤していないだけで、もう職場が恋しくなるとは・・・
俺の「馬車馬病」も重症だな。

お盆休み中

5連休の初日。
今日は一言も日本語を発しなかった。

本来なら今日は、ある女性の方と楽しく気持ちのいい時間を過ごしていた・・・
が、一方的に音信不通になってしまった。

未練タラタラの俺は、一応今日約束していた待ち合わせ場所に行ってみた。
もちろん女性の姿はなかった。
しばらく待ってみたが、やっぱり女性は現れなかった・・・

一人トボトボと家路を歩く俺・・・
何?この圧倒的な孤独感。

帰宅後、予想通り偏頭痛に襲われる。
仕事に行かない休日になると毎度毎度発生しやがって・・・

自分の脆弱な身体に腹が立つし、恨めしい。
馬車馬の如く、仕事に追われていないと健康を維持できないのかよ、俺は!

俺の「死にたい病」が出てきた。
死のうかな・・・

が、俺はまだまだこの世に未練がある。
今ここで死んでも後悔しか残らない。

まだまだ、俺は人生を楽しめていない。
生まれてきて良かったと心の底から言えるように、人生を謳歌しなければ。

その為には「豪遊」。
「豪遊」するのみだ!

明日は東京だ、歌舞伎町だ。
東洋一の歓楽街を堪能してこよう。

恋じゃなくなる日

今日も無事、仕事を終えて帰宅した。
今日までお疲れ様でした、俺。

明日からは5日間の長期休暇に入る。
兎にも角にもご苦労様でした、俺。


明日は5連休初日。
出会い系で知り合った俺のお気に入りの女性と会う予定だ。

1週間ほど前に彼女から連絡があり、明日会う事になっていた。
念のために、確認のメールを送信しておこう。

が、メールが送れない。
何度送っても「アドレスを確認して下さい」って表示される。

あれ?おっかしいな・・・
電話を掛けて確認してみる。

「この電話番号は現在使われておりません」

絶望的な音声案内を聞かされた・・・

彼女と知り合って早1年近く、お互いかなり信頼関係が築かれていると思っていたのに、何たる仕打ち!
まったく・・このクソ女が!
これだから女って生き物は・・・

こうなったら東京だ。
東京での豪遊でこのストレス、この鬱憤をはらすのみ。
ビチクレッタさん、良いお店をお願い致します。

空気の読めない男

職場で店長と何気ない世間話をしていた。
といっても俺はもっぱら聞き役だが。

俺にはあまり興味にない話をいろいろと話していた。
俺は「へ?」とか「そうなんですか」とか当たり障りのない受け答えをしていた。

だがあまり平凡すぎる返答を繰り返すだけでは店長にも悪いし、俺の印象も悪くなってしまう。
自分なりに考えた意見もさりげなく述べて見た。

やはり俺は空気の読めない男だ・・・
かなり場違いな意見を言ってしまったようだ。

店長はご立腹し、そして呆れてしまった。
俺のイメージは大きくダウンしてしまった。

だって、しょうがないじゃないか!
俺には全く興味のない話だったんだもん!

多弁は結局、己の無能さを他人に見せてしまう。
無口ならばそれが分からない。

肝に銘じておこう。
やはり俺は無口なおっさんキャラを貫くべきなのだ。
自慢げに己の知識を披露する様な愚策は禁止だ。


日曜日の日記

昼過ぎに暑さで目が覚めた。
この猛暑ではエアコンなしではとても寝れない。

来月の電気代はどうなってしまうのだろう?
想像しただけで恐ろしい・・・

このクソ暑い中、ノコノコ馬券を購入しに出かける。
どうせ当たりもしねぇのに・・・懲りない奴だ。

結果・・・何と的中していた!
おお?!、配当金はいくらなんだ?

期待しながら待っていると・・・
配当金は約5000円。
俺は20000円ほどぶち込んだはずだが・・・なんだマイナス15000円か。

死にたくなった。


帰宅後、敷布団を日光消毒させるべく外に干してみた。
昨日寝ぼけながら布団の上でアイスを食べていたら、いつの間にか又寝てしまい布団の上でアイスが溶けていたのだ。

この暑さだから布団もすぐに乾燥するだろう・・・
次の予定をこなすべく、また家を出発した。


髪が伸びて鬱陶しくなっていたので散髪に向かった。
家の近所には美容院しかないのでバイクで床屋まで向かう。
おっさんには美容院は敷居が高すぎるからな。

「どういう髪型にしますか?」
床屋で尋ねられた。
こういう時に俺は言葉で上手く伝えられない。
己の低コミュニケーション能力が情けない。

まぁ、それでも何とか無事散髪は終了。
鏡の前で
「いかがですか?」
店員に確認された。

自分の髪型などを鏡で確認するが・・・老けたな。
34歳には見えない。

どう見ても40過ぎ、初老に近いおっさんだ。
自分の「老け顔」「ブサイクさ」を再確認・・・死にたくなった。


連休中に東京へ向かうために新幹線のチケットを予約しに行った。
嫌な事ばっかりの毎日で、何の楽しみも見出せない。
せめて連休中くらい豪遊してストレスを発散させないとホントに自殺しかねないからな。

無事新幹線のチケットも購入し、さぁ帰るかと外に出てみたらすごい雨、豪雨だ。
まいったな?と悩んでいたら、思い出した。
敷布団を干しっぱなしだった・・・

今日どうやって寝るんだ?
死にたくなった・・・



土曜日の日記

連日暑い猛暑日が続いている。
余りの暑さで家に居ても喉が渇いて仕方が無い。

昨日も寝る前に喉の渇きを癒そうとビールを1リットル飲んでしまった。
俺はアルコールに弱い男・・・

翌日二日酔いで頭痛がひどかった。
頭痛で苦しんでいると不快なメールの着信音で起こされる。

出会い系で知り合った自称キャンギャルの女性からだ。
先週会う約束をしておきながらキャンセルされたので、今週会いませんか?とメールを送っていたんだっけ。

彼女からは、今週も会うのは難しいという返事だった。
頭痛で苦しみながらも何度かメールをやり取りをし、結局お盆休み中に会う予定になった。

盆休み中は、もう一人俺のお気に入りの女性とも会う予定だ。
あとは東京へ観光しに行って・・・
盆休み期間は豪遊してやる!


仕事中、ものすごく胃が痛かった。
何だろう?クーラーの影響で風邪でもひいたのか・・・

余りの痛さで脂汗をかいていた時に、

「おい、今日は夏バテしないように美味い物食べて栄養をつけよう!」

店長から高級ステーキをご馳走してもらえた。

この胃痛で苦しんでいる時に何という拷問。

「うわ?ホントですか。ありがとうございます。」

無理無理・・・お粥を食べるのが精一杯だ。
ステーキなんて食べたら気絶してしまう。

強引に口に詰め込み、食べれるだけ水で胃に流し込んでいった。

「さすがにボリュームがありますね?」
誤魔化しながら何とか消化していく。

が、やはりどうしても完食は無理だ。

「こんな高級な肉、残りは家でゆっくり味わせてもらいますよ」

そう言って、家に持ち帰ってきた。
とりあえず冷蔵庫に入れて置こう。





去るもの追わず

新しく入ってきたアルバイト達も、だいぶん職場に慣れつつある。
やはりネクラな俺と違い、他人と仲良く打ち解けるのも早い。

飲食店である以上、どうしても暇な時間帯が出来てしまう。
「暇な時間の時は、店内の清掃に勤めよ」

俺は新人バイト達にはこのように指導してきた。
まずは自分が率先して、店内の汚れを落としていく。
掃除キライな俺なのに。

黙々と俺が清掃作業をしていると、新人バイトはホールスタッフの女達と楽しげに雑談をしていた。

・・・完全に俺は舐められている。
大ベテランバイトの俺が黙々と清掃作業をしている最中に、入って間もない新入りバイトが楽しく女の子達と雑談しているとは・・・

俺はムカついた。
先輩バイトとして、指導係として注意をしなければ。
威厳を見せつけないと、舐められっぱなしになってしまう。

あまり、他人を怒るという事に慣れていないが、虚勢を張って新人バイトに怒ってみた。

「おい!暇ぶっこいてしゃっべとる暇があんのなら、店内の掃除くらい出来るだろ!」

女達は露骨に嫌そうな顔をしてその場から去って行った。
新人バイトは「スミマセンでした」と誤って清掃作業に取り掛かった。

他の従業員から見たら、俺はホントにイヤな奴なんだろう。

「何で、同じバイトの奴にえらそうに注意されなダメなんだ!」
「大して仕事も出来ないのにムカつくおっさんだ!」
「さっさと辞めればいいのに」

きっとこういう風に俺の事をを陰で話しているんだと思う。
間違いなく「店舗内キライな従業員ランキング」では1位だ。

まぁ、いいや。
嫌うなら嫌ってくれ。
俺はここに仕事して金を稼ぎに来ているのであって、友達作りに来ているわけじゃない。

しかし、やはり俺に怒られるのはよほど腹が立つのだろう。
新人バイトが店長に「辞めさせて欲しい」と伝えたようだ。

辞めたい奴はどんどん辞めてしまえ。
たとえ俺の責任だろうが、知ったこっちゃあない。

残った従業員で店を回すだけだ。
みんな辞めてしまったら、その時はその時。
この程度の店、俺が一人いれば大して問題なく回せるだろう。



同窓会の案内

中学時代の同級生から同窓会の案内が届いた。
中学3年生の時のクラス会だ。

中学3年・・・俺が15歳くらいか・・・
もう、20年くらい前になるのだな。

20年前を思い出して懐かしい気持ちになった。

もちろん俺に出席する意思などない。
暗黒時代を過ごした中学時代など思い出したくもない。

しかし、あれから20年も経つのか。
まさかこんな惨めな毎日を過ごしているおっさんになるとは・・・
ろくでもない青春時代を過ごした奴は、やっぱりろくでもない中年生活を送るハメになるんだな・・・


相変わらず仕事がツライ。
仕事だけでなく、若いお兄ちゃん達の相手をするのがすごく疲れる。
若手のテンションの高さにおっさんはついていけてない。

あと1週間ほど耐えれば連休だ。
連休中は何もやる事が無く、それはそれで恐ろしい。

でも、今現在はとりあえず連休を迎える事をモチベーションにして耐え忍んでいる。
きっと誰にも理解不能だろうが、俺は心の中で苦悩中だ。
プロフィール

あおいKS

Author:あおいKS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。