スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰

現在、ある求人雑誌にアルバイト募集の記事を掲載している。
今回は中々反響があり、数名が新しいアルバイトとして採用されている。

今日もアルバイト希望者から店に問い合わせの電話があった。
「そちらでキッチンスタッフのアルバイトってまだ募集していますか?」

ちょっとたどたどしい日本語を話す男性だった、外国人だろうか?
年齢を聞いてみると38歳だという。
俺には採否の権限はないので、店長に電話を代わった。

最近、スタッフも増えてきたしこれ以上採用者を増やしては俺の人件費削減に繋がってしまうのでは?
不安に思えてきたので店長に確認してみた。

「今の電話の人って面接するんですか?なんか話し方がたどたどしい感じでしたが。」

店長は笑っていた。
「お前、気付かんかったのか?」

「は?」

「今の、前に解雇した○○だぞ」

「ええ?!」

「あいつ、他人のフリをして電話をかけてきやがった」

早くもこの店で伝説になりつつある、あの「困ったおっさん」からだったようだ。
不覚にも俺は気付かなかった。

どうやらこの店を解雇された後も、結局どこにも採用してもらえずもう一度この店に電話をしてきたようだ。

人並み外れた変わり者のおっさんだなとは思っていたが、やはり俺の予想なんて遙かに上回るほどのスケールの大きなおっさんだった・・・

もちろん店長はその場で不採用にしたようだ。




スポンサーサイト

世代闘争勃発

厨房にまたも新人バイトが入ることになった。
またもや若いお兄ちゃんだ。
聞けば二十歳の大学生らしい。

最近、従業員の若返りが着々と進行している。
おっさんにはますます肩身の狭い職場になってきた。
しかし、これも仕方の無いことだろう。

イタリア代表の例もある。
前回の優勝チームが高齢化のため、予選落ちするはめになったのだ。

しかし、俺はそう簡単には引退してやらない。
この世代闘争をとことん戦ってやる!

若い奴らが
「俺たちの時代だ!」
とニューリーダーを宣言しても、ナウリーダーの俺はしぶとく抵抗してやるのだ。

が、現状ではやはり俺に分が悪い。
こんなしょぼくれた、扱いにくいおっさんよりは、若く元気で素直に働く奴らを優遇するのが当たり前だろう。

このままではリストラ候補の筆頭のままだ。
何か・・・何か手を打たないと・・・


店にオーナーが来店された。
すかさずご挨拶に赴き、一生懸命太鼓を叩いてきた。

オーナーも御機嫌な状態で店から帰宅されたようだ。

その効果があったのだろうか。
オーナーから食事をご馳走して頂けた。
何と高級うなぎ料理を奢って頂いた。

「いや?、うなぎなんて久しぶりに食べましたよ?」
嘘を言いながらも無理やり胃に流し込んだ。

実は、うなぎをご馳走になる直前に夕飯をたくさん食べてしまったのだ。
満腹で苦しみながらも笑顔で食事を済ました。










どうせ俺なんて・・・

今日は日曜日、休日。
相変わらずクソのような休日を過ごす。

競馬でハズレ。
出会い系で会う予定の女にはすっぽかされ。
偏頭痛で苦しみ・・・・

まぁ?何をやっても裏目にでる俺らしい「運に見放された」休日を過ごした。
久々にパチンコでも打ってやるかとも思ったが、どう考えても俺が当たりを引けるとは思えないので止めておいた。

パチンコはそのマイナス思考の考えのおかげでゴールデンウィークから行っていない。
まぁ盆休みにまた打つハメになると思うが。


深夜延々と「さんま・伸介」の動画を見ていた。
おっさん一人、深夜に大爆笑していた。

大爆笑したら空腹になってきた。
晩御飯を大食いしたにもかかわらず・・・

何故か「うなぎ」が突然食べたくなった。
スーパーへとバイクを走らせうなぎを購入してきた。
1パック1500円もする高級国産うなぎを買ってやった、ストレス解消だ!

帰宅後、電子レンジで暖めて早速食べて見た・・・イマイチだ。


今、この日記を書いていると俺の携帯にメールが届いた。
会う予定をすっぽかされた出会い系の女性だ。

時刻は午前4時・・・まだ会ったことのない女性だが少し頭のおかしい(非常識な)女のようだ。
今日は急遽「モデル」の仕事が入ってしまいました・・・などと書いてあった。
やっぱり頭のおかしい女のようだ。


時は来た

現在、「死のロード」を進行中だ。
今日も早朝から猛暑の中、店へと出勤。
眠い目をこすりながら、狂ったように仕込みを行う。

何とか営業を無事終わらせ帰宅したのは午前2時。
クタクタになって帰ってきた。

着替えをした時にポケットに給料袋が入っているのに気付いた。
今日は給料日だったんだ・・・
現金を手渡しで受け取ったのに、余りの疲労ですっかり忘れていた。
何が目的で、俺は働いているんだ?


厨房に新人バイトが入ってきた。
若いお兄ちゃんだ。
イケメンではないが、社交的な爽やかな好青年といった感じで早速他のバイトと仲良くなっていた。

海外留学を経験しており、おそらく頭もすごくいいのだろう。
仕事の覚えもものすごく早い。
おそらく、近いうちに俺を追い抜いて行く事だろう。

どうやら「世代交代」の時が来たようだ。
いつまでも醜態をさらすのではなく、老兵はただ去っていくのみ。

猪木は長州・藤波に世代交代を迫られ、長州・藤波は闘魂三銃士に世代交代を迫られた。
使い物にならないおっさんがいつまでも店にしがみついていては店は「NOAH」のように沈没してしまう。

本田宗一郎や藤沢武夫のように潔い去り方を考えていこう・・・

猛暑中

いつのまにやら梅雨も明けていた。
最近は猛暑が続いている。
暑い、暑すぎる・・・

完全予約制のランチ営業が好調だ。
いや好調すぎて困っている。

このクソ暑い中朝っぱらから仕込みに走り回っている。
現在、1日おきに予約が入っている状態だ。

明日はいつも通り昼過ぎの出勤だが、明後日は早朝からの出勤だ。
今日も早朝からの出勤だった。

何時に出勤しようが帰宅時間は一緒・・・
おっさんの体力が消耗していってるのを実感。


職場の厨房に新しいバイトが入る事になった。
前回の「困ったおっさん」に変わる人事だ。

最近はクセのあるおっさんばかりだったが、今度入ってくるのは若い、イケメンのお兄ちゃんらしい。
中々経歴がすごいらしく6年ほどイギリスに留学していたらしい。
英語もペラペラだそうだ。

そういえば前回、2日だけ働いて辞めていった「濃いオッサン」も海外での暮らしが長くて、英語はペラペラだと言っていた。
まぁ、「昔の事なので、今は全く喋れないです」と言っていたが。

とにかく、インチキくさそうな雰囲気だな・・・
ここにバイトに来る奴らは俺を含めてインチキっぽい奴らが多いんだよなぁ。


早々と店の盆休みの予定が発表された。
何と今年は5連休もするらしい。

5連休か・・・給料にモロにダメージを受けるな。
大幅な給料ダウンが決定してしまった・・・どうしよう?

そして何より、5日間も何をして過ごせばいいんだ?
1日の休みすら持て余す俺が5日も休むとノイローゼになりそうだ。




ご近所付き合い

今日は歯医者の日だった。
午前中、仕事前に予約を入れていたのだ。

自宅の玄関を開けると、ちょうど向かいの住民も戸を開けて出発するところだった。
2人でエレベーターを待っていると、住民が俺に話しかけてきた。

住民「これからお仕事ですか?」

俺はびっくりした。
このマンションに5年以上住んでいるが、世間話を話しかけられたのは初めてのことだ。

とりあえず当たり障り無く答えておいた。

俺「ええそうです。今日はお休みですか?」

俺も全然興味はないが社交辞令で聞いてみた。

住民「いえ、僕はず?っと無職です。」

・・・何で、そんな返答に困るような答えを返すんだ、この住民は。

住民「以前、大手のファーストフードで働いてたのですが、セクハラとパワハラがイヤになりまして辞めたんです。」

俺「へ?、そうなんですか・・・」

住民「ゲイの店長がいまして、僕に迫ってくるんですよ。あとヒステリックな女マネージャーのイビリがひどくて。」


この住民は外見はハゲでデブな40過ぎのおっさんだ。
おそらくリストラされたのだろう。
ダメなおっさん達を見慣れた俺には、この住民から同じオーラを感じるのだ。

話し方も以前、うちの店で働いていた(自称)「高学歴・高職歴」の濃いおっさんに良く似ている・・・


今日は職場でかなり店長から怒られた。
ある社員の手がけた仕事が非常に不満だったらしい。

それが何故か、それには全く無関係・ノータッチの俺に激しく怒っていた。
さすがに俺もカチンときた。

まぁ、不満を口には出せないが、その後かなり不機嫌な顔で仕事をしていた。
「何で俺が・・・」
「一体俺が何をしたんだ・・・」
「直接、社員に怒ってくれよ・・・」

心の中でブツブツとつぶやいていた。


仕事終了後、店長にキャバクラを奢って頂いた。
俺には全部で3人の女性が交代しながら相手だった。

思わず「えっ!」と驚くような女性達ばかりだった。
これは何かのコントかと思った。




絶望と希望と

国民健康保険の保険料のお知らせが届いた。
前年度よりびっくりするくらい支払い金額が増えている。

高い!高すぎる!
俺の年収なんてず?っと横ばい、弱冠マイナスになっているというのに保険料は年々高くなっているのはどういう事だろう?
しかし・・高すぎる。何かの間違いではないだろうか?
こんな金額、月々支払っていけるのだろうか・・・不安だ。


本日、会社からボーナスが支給された。
まぁ、アルバイトの俺にはボーナスといっても「寸志」程度なのだが、支給されるだけでもありがたいと思う。
一緒に勤務している社員は俺の3?4倍は袋の厚みがあった。
こういう時に、バイトと社員の格差を思い知らされて、俺の気持ちが折れそうになった。
前向きに行かないと・・・


今日はボーナスが支給された。
前の日曜日には久しぶりに馬券が的中した。
姉の結婚式の「お祝い返し」で商品券も実家から届いた。

少しずつだが、死んでいた俺の「金運」が息を吹き返してきたのかもしれない。


明後日にランチ営業で団体客の予約が入った。
最近、ランチは全然予約が入らなかったので、俺は干されていたがこの日は朝から仕込みで出勤する事になった。
・・・めんどくせぇな?。
ランチは嫌いなんだよ。いっそ干されたままでよかったのに。

明日は愛しいあの子に会?える♪

昼過ぎにメールの着信音で起こされた。
出会い系で知り合った女性からだった。

「明日の日曜日にお会いしませんか?」

お誘いのメールだった。
暇な日曜日を過ごす予定の俺はもちろん承諾。

この女性は俺のお気に入り。
ファーストチョイスの女性だ。

明日はビールで乾杯して、食事して、ホテルでセックスをしてこよう。
あのムッチリとした身体を思い出すと、俺の股間が熱くなってきた。フフフ・・・

あとは俺の「中折れ」だけが心配だ。
無事に済ませれればいいのだが。


職場を解雇された俺の元弟子、「困ったおっさん」だが、解雇後も毎日店に電話をしてくる。
電話の内容は決まって給料の事だ。

うちの店では給料日は25日なのだが、「25日まで待てない」「どうしてもすぐに給料を振り込んで欲しい」とアホな事を言い続けている。

店長もうすうす内情を把握しているので適当にあしらっているだけだ。

今日もおっさんは電話をしてきた。
今日は「謝罪」の電話だった。

内容は、
「昨日は我がままな事を言ってすみませんでした」
「実は昨日は、隣にお金を取り立てる人が居まして」
「給料をすぐに振り込ませるよう、店に電話させられたんです」

わざわざ謝罪の電話を店がクソ忙しいピーク時間に掛けてきやがった。
知ってるよ!そんな事情は。
悪いと思うなら2度と電話してくるなよ・・・

まぁ、ともかくこれでまたもや厨房内に欠員が出たわけだ。
店長は来週から再び求人を行うと言っていた。

正直、もう新人はいらないよ・・・
指導係りの俺が肉体的にも精神的にも疲れるだけだ。

はっきりいってこの程度の店の厨房なら、百戦錬磨の俺が一人いれば充分回していけるのだ。






お別れ

最近、またもや虫歯が痛み出した。
前回治療したのとは違う虫歯だ。

多少、歯医者に対する免疫が出来ていたので、今回は我慢せずにさっさと通院する事にした。
で、今日早速歯医者に行ってきた。

治療中の痛みなどには耐えれるのだが、何より朝早起きしてわざわざ出勤前に歯医者に行くのが面倒くさい。
しかも、虫歯一本治療を完了するのに6回くらいは通院しないと完治しないのだ。
うぇ?、めんどくせ?な・・・


歯医者での治療を終えてから、いつものように店に出勤した。
予定よりも早い時間に出勤したので、昼飯にコンビニでパンを買って食べる事にした。

が、歯医者の麻酔がまだ効いていてうまく口を動かす事が出来ない。
空腹感はあるのだが、食べているという実感がわかない。
しばらくの間、この麻酔に悩まされる事になった。

今日の店はめちゃめちゃ忙しかった。
相変わらずの人出不足で俺は走り回るハメになった。

俺の一番嫌いな「当日欠勤」をぶっこく馬鹿がいたのだ。
もちろん俺の弟子の「困ったおっさん」だった。

いや、「弟子」ではなく「元弟子」になった。
おっさんは本日無事に「解雇」になった。

今日も相変わらずな理由で電話を掛けてきた。
「今日は休ませて下さい」
「母が急に体調を壊しまして」
「どうしてもお金が必要になったので給料の前借りさせてもらえませんか」
・・・などなど、切羽詰った様子で電話を掛けてきたようだ。

店長が、
「嘘付け!」と一喝するとあっさり「すみません、嘘です。」と白状したようだが。

どこまでも迷惑を掛けるおっさんで、解雇通告の後におっさんの悪友から店に電話が掛かってきた。
給料の件で責任者と話がしたいという事だった。

どうやらおっさんはこの悪友に給料をほとんど持っていかれているようだ。
おそらく「金融屋」なのだろう。

返済さす為にうちの店でバイトをさせていたので収入がなくなるとマズイようだ。

以前おっさんは「もうすぐ寮に入ります」と言っていた。
何でも2LDKの個室で月の家賃は2000円だと話していた。

俺は聞けば聞くほど、胡散臭い話だと思っていたが、どうやらおっさんはリアル「誠愛の家」に入居するようだ。









意味不明な日記

案の定というか予想通りというか、
アルゼンチンはドイツにボッコボッコにやられた。
これで俺のワールドカップは終戦・・・

あの伝説の「マラドーナ」でも、現在の世界最高の選手「メッシ」でもやはり俺の応援による「負の呪い」には勝てなかったようだ。
まさに「呪術師」、呪われてるおっさんだな、俺は・・・


職場での俺の可愛い愛弟子、「困ったおっさん」。
元々、変わった行動が多いとは思っていたが、最近エスカレートしてきた。

いろいろと困ったおっさんではあったがどうやら「妄想癖」と「虚言癖」が悪化しているようだ。

何でも「金」を騙し取られたらしい。
相手は自分の友達だという。

店に「兄」を名乗って電話してきたのもそいつだと言う話だ。

まさに悪友で、もう付き合うのは止めます、電話番号も変更して連絡を取れないようにします。といって帰っていった。

しばらくして店におっさんから電話が掛かってきた。

さっきの話は間違いで、ホントはその人(悪友)は善い人なのです、と話しだした。

・・・・この日記を読んでる人は。何の事かよく理解出来ないと思う。
書いてる俺もよく理解出来ていないのだから。

まぁ、この話を電話越しに聞いていた店長は激怒した。
「嘘つけ!、お前そういう風に言えって、言わされてるんだろう!」

おっさんは素直に吐いた。
「ハイ、言わされています。」

店長は呆れていた。
「お前の話はよく分からんが、俺は嘘をつく奴は大嫌いなんだ!お前はすぐにそうやって嘘をつく。もうこれ以上お前の話なんて聞きたくない、今月一杯でもう辞めてくれるか。」

解雇通告をおっさんに下した。

おっさんはあっさりと了承した。
「ハイ・・・今までいろいろとスミマセンでした。」

翌日、おっさんは出勤してきた。
ひたすら平謝りだった。
「昨日はすみません、やっぱりここで仕事を続けさせてください。今辞めてもアテがないんです・・」

結局、おっさんは今まで通り勤務を続ける事になった。

・・・やっぱり意味の分からないおっさんだ。








資産公開

現在、時刻は午前4時過ぎ。
日付も変わり、7月1日になっている。

今年も上半期が終わったわけだ。
早い、早すぎる。
時の流れがあまりにも早すぎる。
この6ヶ月、俺は一体何をしていたのだろう。

半年ぶりに、今現在の俺の資産を調べて見た。

(2009年12月)
A銀行定期預金・・・1004000円
A銀行普通預金・・・2343000円
B銀行定期預金・・・1002000円
B普通銀行預金・・・1753000円
有価証券評価額・・・1794000円

総資産・・・7896000円


(2010年6月)
A銀行定期預金・・・1004000円(変動なし)
A銀行普通預金・・・2753000円(+410000円)
B銀行定期預金・・・1002000円(変動なし)
B普通銀行預金・・・1932000円(+138000円)
有価証券評価額・・・1429000円(?365000円)

総資産・・・8120000円(+224000円)


全然ダメだ・・・
一月あたり3万少しくらいしか貯金出来ていない計算だ。

原因は2つ。
「競馬が全く当たらないこと。」
「株の損失が増えたこと。」
この2点につきる。

競馬はひどい。
もう何連敗している事やら。
常に裏目裏目を買ってしまう・・・

株は、一時ようやく損を取り返し、利益も出た為、一度全部手放したのだが、アホな俺はつい欲が出てしまい再度資金を突っ込んでしまった。
で、あっという間の損失だ。
これもひとえに俺の運の悪さにつきるな。

まぁ、とりあえず現在の資産を把握出来た。
下半期はもう少し増やせるようにしよう。


プロフィール

Author:あおいKS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。