スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々

久々に暇な営業だった。
さすが祝日。やっぱ祝日はこうでないと。

予約もガラガラで暇になる事は事前に予想出来た。
なので今日のシフトは少ない人員だった。
少ないというか・・・バイトは俺一人だった。

当然だ。
この程度の店なら、アルバイトなんて俺一人で充分だ。
下手に足を引っ張るバイトが居ない分、仕事もスムーズなもんだ。

明日、明後日も予約が少ない。
さすがに当日予約もさほど増えないだろう。
そしてその2日間を乗り切れば待望の連休だ!4連休だ!

とにかく耐えろ!耐えるんだ!
バルサの猛攻を耐え切ったインテルの如く持ちこたえろ、俺!


今朝、目が覚めてから身体の調子がおかしい。
まず喉が痛い。
喉というか舌の奥が痛い。変な病気じゃなきゃいいけど。

それから首が痛い。
寝違えたのか、それとも最近買った新しい枕が合わないのか・・・・
とにかく首の後ろが痛い。

せっかくの連休前だというのに・・・
毎年ゴールデンウィークは身体の調子が悪くなる。

3年前はバイクで転倒し、ゴルデンウィーク中両手を絆創膏だらけにして過ごした。
五箱くらいは絆創膏を消費した気がする。

去年は原因不明の喉の痛みに苦しめられた。
100粒くらいはのど飴を消費した気がする。

何なんだ?五月の呪いだろうか・・・

あまりの首の痛さに仕事帰りに「マッサージ」に行ってきた。
「風俗」的なマッサージではない「普通」のマッサージだ。

普通のマッサージを受けるのはいつ依頼だろう?
一年ぶり?二年ぶりくらいだろうか。

とにかく久しぶりに本格的な「整体」をやってもらった。
整体師が言うには、

「肩、腰、首・・・全てが凝り過ぎですよ。」

当然だ。
毎日、毎日10時間以上の立ち仕事。
おまけに休憩時間なんてものはない。
10時間以上ぶっ続けでの立ち仕事なのだ。

自分では自覚が無くとも、ジワジワと身体を痛め続けていたのだろう。
これからはもう少し己を労わってあげよう。
せめて月一回くらいはマッサージに通って、身体のメンテナンスを受けよう。

マッサージ代は4000円ほどかかるが、過酷な労働を耐え続けている自分の身体をメンテナンスすると思えば安いもんだ。

スポンサーサイト

疲れた身体を引きずって・・・

今日も相変わらずの大忙しさだった。
開店と同時に客が来店し、閉店間際になっても新規客が来店する。

以前はこんな店じゃなかった。
閉店間際にはノーゲストになっており、俺はのらりくらりと片付け作業に精を出す・・・・
これが日常の風景だった。

最近のは何だ?
何で閉店間際になってもオーダーをこなすのに追われなきゃいかんのだ。
おかげで片付け作業が遅くなり、必死こいて走り回る毎日だ。
疲れる・・・疲労のピークだ。

家に帰宅後はバタンキュー・・・・だが。
疲れた身体にムチ打ってランニングと懸垂を行った。

俺は見た目が人に舐められ易い。
いつ「オヤジ狩り」の標的にあっても不思議ではない。
少しでも「威圧感」を身に付けるために、疲れていても身体の鍛錬を行っていこう。
鍛えた身体はムダにはならないと思うし。
何より11000円も出して買った「懸垂マシン」を使わないのは勿体無いからな。

逃げやがった

何だろう?最近の店の忙しさは・・・・

今日は予約が少なかった。
この店の客の8割は事前に予約をしてから来店する。
だから俺もそれに合わせた発注なり仕込みなり段取りをする。
当然、今日は少ない仕込みで臨んだわけだが・・・

これが大失敗・・・
開店時間をすぎてから、予約の電話が鳴り止まないのだ。
あきらかに限界を超えた来店数だった・・・・疲れた。

店が忙しくなる原因の一つが「人出不足」だ。
まぁ、外食産業なんてほとんどの店が慢性人出不足で苦しんでいると思うが、うちの店はもう、どうしようもないほどの人出不足。

まず、求人を掲載しても希望者が来ない。
仮に来て採用されても長続きしない。
結局、いつまでたっても同じメンツで店を営業している。
この少ない人員で営業するのが当たり前だとみんな思っている。
だから新人バイトがついて来れないのだ。

今日も一人バイトが来なかった。
電話しても着信拒否にしてやがる。

いかにも「もう、辞めます」という雰囲気を出していた奴だ。
「逃げるなら25日の給料日を過ぎてからだ!」、と踏んだのだろう。
俺が逃げる時もそうするだろう。

少ない人員がさらに少なくなってしまった。
結局、その分の負担は全て俺が背負い込む事になるのだろう・・・

明日は「地獄ランチだ」。人出不足だ。
現在、時刻は午前3時30分。
午前8時には家を出ないと仕込みが間に合わない・・・・
寝る時間がないぞ・・・くそったれめ!



あと一週間・・・

もう四月も下旬だというのに肌寒い日が続く。
異常気象だな。いつになったら暖かくなるのやら。

今日は土曜日だというのに、店は大忙しだった。
VIP客が予想以上に金を使ったり、当日予約が急遽入ったりで売り上げも非常に高かった。

昨日の金曜日はもちろん満席で大忙しだったし・・・
一体何なんだ、この店は?このご時勢に不況知らずだな。
来週はゲッソリするほどランチ予約も入っている。
考えただけで気が重い。

しかし、あと一週間・・・
あと一週間耐えればゴールデンウィークだ!連休だ!

今度の連休は「渋谷」に行って見る。
「428」の舞台を生で散歩してみたい。

「ああ・・ここでタマが試供品を配ったのか」とか・・
「この歩道橋を御法川が駆けて行ったのか」とか・・・
一人、感慨にふけって見よう。

明日は上京する為の新幹線のチケットを予約してこよう。
いろいろとムダ金を使いそうだが、俺はこの連休を豪遊する為にコツコツと金を貯めていたのだ。
今ここで日頃のストレスを発散させるべく散財してやる。

自惚れ日記

うちの店の厨房スタッフは揃いも揃って動きが遅い。
特に閉店間際の片付け作業が時間が掛かりすぎる。

みんなの動きの遅い分、俺が人一倍動いてカバーしているのだが・・
今日、店長が閉店作業の遅さにブチ切れた。

「まだ、片付けが終わんねぇのかよ!何やってんだよ!」

新人バイトがいる。あまりにも動きの悪いバイトで明らかに「飲食店」向きでは無い奴だ。
そのバイトも俺が指導をした奴だが、

「お前、あいつにどういう教え方してきたんだ!もうええ加減に使えるバイトにせないかんだろ!」

俺が注意を受けた。
どうやら店長は勘違いしているようだ。

すべてのアルバイトが俺のように動けるわけがない。
俺の「働き」が異常なのだ。
こんな働きをするバイトなんてそうそういるもんじゃないし、育てられるものでもないだろう。

俺の動きが異常すぎるので、店長からみて他のバイトの仕事ぶりが悪く見えるのだろう。


「タイガーマスク」というプロレスラーがいる。
昔の初代から現在のタイガーマスクで4代目になる。

しかし歴代のタイガーマスクでも「初代タイガーマスク」の動きだけは別格だ。
2代目から4代目がどんなに初代のマネをしようとも、初代タイガーマスクの足元にも及ばないだろう。

小林邦明は言っていた。
「タイガーマスクのムーブメントは佐山サトルだから出来るのです。三沢光晴という人並み優れたレスラーがどんなに努力をしても佐山サトルという天才のマネは出来ないのです。他の誰でもない佐山サトルにしかタイガーマスクをやれないでしょう。」

うちの店の従業員がどんなに頑張っても、俺のような働きは出来ないだろう。
俺のようなアルバイトはこの店には2度と出現しないことだろう・・・

だから・・・店長、ラッキーなんですよ!
俺みたいな奴が在籍して、バイトしてるのは。

・・・こうやって前向きにでも考えていかないとやっとれんわい。





無駄な買い物

昨日、調子に乗って懸垂をやりすぎた。
おかげで今日は1日中筋肉痛が・・・ホンマにおっさんだ。

しかし懸垂だけでは、この出てきた腹は引っ込まない。
中年太り解消のために外に出てランニングも行った。

ランニングから帰ってきてシャワーを浴びたのだが、やはり腹回りの脂肪が醜い。
もう少し減量しないと・・・
しかし、俺は大食いなので、いつも腹一杯になるまで食べてしまうのだ。
その癖を直さないといかんな?。


仕事帰りに、スーパーで食料の調達に行ってきた。
6個入りの玉子を1パック買ってきた。

帰宅後、冷蔵庫に収納しようとしたら、冷蔵庫内に手付かずの玉子が1パック残っていた・・・
何で俺、今日玉子なんか買ったんだ?

玉子が全部で12個・・・賞味期限は今月の29日まで。
あと1週間しかねえよ。
独り身で玉子12個も消費出来るわけねぇだろ、俺のアホ。

懸垂

最近、筋トレをサボリ気味だ。
イヤ「気味」どころか全くやっていない。

ボチボチ筋トレがしたくなった。
筋トレというか「懸垂」がしたい、無性にしたい。

しかし夜中に公園の鉄棒で懸垂をするのはさすがにマズイ。
間違いなく近所の住民に通報されるだろう・・・

で、自宅で懸垂が出来る
「懸垂マシン」なるものを通販で購入してしまった。
ネットで衝動買いをしてしまった。

価格は、11100円。
これが高いのか安いのか・・・「無駄遣い」か「有意義な買い物」だったかは今後の自分しだい。

今日「懸垂マシン」が自宅に届いた。
仕事から帰宅後、早速梱包を解き組み立てを開始。

とは言っても、人一倍不器用な俺・・・
日曜大工なども全く無縁な俺だ。

通常の人なら30分ほどで組み立てられる物なのだろうが、1時間以上かかってようやく完成した。
しかも、ところどころグラグラしていて何か不安定だ・・大丈夫か?

で、さっそく懸垂をやってみた。
これからは毎日「10回」をノルマにしよう。

と、思っていたが・・・
「7回」で限界だった・・・ひ弱すぎる。
まぁ、これから毎日やっていこう、「継続は力なり」だ。

やっぱりキャンセル

今日も朝から携帯の着信音で起こされた。
これで3日連続だ。

今日は日曜日に会う約束をしていた女性からのメールだった。
「女の子の日になっちゃったので約束は延期して下さい」

・・・そうか、そうきたか。
実際は違う理由もあるんだろうが、まぁいい。
そういう事で納得しておこう。
しかし、見た目が不細工なおっさんはいろいろと苦労するな・・・

明日は親父がやってくる。
正月に実家には帰ったが、名古屋で会うのは初めてだ。

一体、何しにくるのだろう・・不安だ・・
不吉な事がなければいいのだけど。

朝の着信

 昨日の日記。

朝、携帯のメール着信音で目が覚めた。
出会い系で知り合った女性からだ。

前日に「会いませんか?」というメールを送信したのだが返答がなかった・・
ガックリと落ち込んでいたのだが、

「日曜日に会いましょう」という返事が来た。
朝早い時間でまだ寝ぼけていたが一気にテンションが上がった!

これで次の日曜日は予定が出来た。
食事に行って、軽く酒を飲んで、ホテルに行って、セックスをしよう。

いい気分のまま二度寝についた。
夢を見た。
日曜日に会う約束をした女性が出てきた。

夢の中で何故か3Pをしていた。
俺と違う男とその女性との3Pだった。

その男は上手すぎて、俺は下手すぎて・・・俺が女性に嫌われるという悪夢だった。
その男は何故か「渡 哲也」だった。
俺に向かって、
「俺くらい上手になれ」と言い残して渋く去っていった・・・

以上、どうでもいい「夢」の話。


 今日の日記。

朝早く、携帯の着信音で起こされた。
もしや、昨日の女性か!キャンセルの電話じゃねえだろうな!

緊張しながら画面を見ると「親父」からだった。
親父が一体何の用だ?
不審に思いながら電話に出た。

内容は、
「お前にどうしても話したい事がある」
「いつ仕事休みだ?」
「名古屋に行くから時間を作ってくれ」

まぁそんな感じで急遽日曜日に親父が来る事になった。
せっかく女性と楽しい時間を過ごす予定だったのに・・・
気が滅入る話じゃなきゃいいんだけどな。

寒波再び

寒い・・寒すぎる・・・
もう四月も半ばだというのに何だこの冷え込みは。
突然、冷え込んだ一日だった。

ヒートテックも毛布も電気毛布も全部片付けてしまったのに。
もう我が家には暖房器具がない。
片付けたものを引っ張りだせばあるけれど面倒だし。
とりあえず布団に潜り込んで防寒するしかないか・・・


PSPの「428」をクリアした。
久々にゲームに没頭出来た。
面白いゲームだったと思うが、俺の中ではやはり「街」の方がおもしろかったし夢中になれたなぁ。

何だろう?ストーリーの差か?
ただ俺が歳を重ねたので「ゲーム」を楽しめなくなっただけなのか・・

「428」では「タマ」の可愛さにメロメロになった。
可愛すぎる!可愛いにもほどがある!


現実世界で「性行為」がしたくなった。
以前、出会い系で知り合った女性にメールしてみた。

「今度、一緒に食事にでも行きませんか?」

見事に女性からは返信なし。
やはり前回の俺のプレイが下手すぎたのが原因か?

俺だけの王道

昨日の日記。

先週の日曜日、暴飲暴食のおかげで体調が悪く、最悪の休日になった。
特にアルコール摂取が原因か、偏頭痛がひどかった。
その反省を踏まえて、今日はアルコールを口にしないようにする。

昼過ぎに起床。
もう、その段階で偏頭痛が発生していた。
どうやらアルコールの摂取などは関係ないようだ。
毎週日曜日になると必ず発生する偏頭痛・・・

なんだろう?「休日恐怖症」かも知れない。
何をして今日一日を過ごすかで、頭を悩ませるのが原因かも。

週休一日ですら持て余す俺だ。
週休二日の会社に勤務なんてしたら間違いなくノイローゼになるだろう。
来月の大型連休はどうすんだ、俺?

なんとかバファリンで頭痛を誤魔化しつつ、行動を開始する。
孤独なおっさんのゴールデンコース、王道ともいえるスケジュールで休日を過ごす。

 「競馬」→「パチンコ」→「サウナ」→「マッサージ(風俗的な)」→「ネットカフェ」

この中で「マッサージ嬢」とのみ会話を交わした。
今日一日で唯一の会話だった。

ちなみに競馬、パチンコはもちろん惨敗。
キレイに財布の中身もなくなり休日が終了。

自己嫌悪

今週は暇な週だなぁ・・・
なんて書いていたが、そんなの全然ウソウソ!

昨日は大忙し。
今日はさらに大忙し。
眩暈をおこすほどの忙しさだった。

相変わらず俺はせまい厨房内をバタバタと走り回っていた。
「客を待たせてはいけない」
「クレームを発生させてはいけない」
「満足させて帰ってもらい再度来店してもらわないといけない」

・・・来た客に不満を抱かせて、客足が遠のいて売り上げダウンなんて状態になったら目も当てられない。
急いでオーダーをこなすのみ。
急げ!急げ!

しかし周りの奴らは何でこんなに動きが遅いんだ。
たったこの程度の料理で請求を喰らうなんて料理人の恥だ。
せっかちな俺は歯がゆくて仕方なかった。

閉店間際。
キッチン内のスタッフはみんな帰って行く。

スタッフ「お疲れ様でした。お先に失礼します」

俺「ハイ、お疲れ様でした」

キッチン内に一人残される俺。
一人きりで洗い物と清掃を行う。
床をデッキブラシで掃除していると不思議に思う。

「何で、自分の帰る時間までに片付け作業くらいやってねえんだ・・」

みんな仕事が遅すぎる。見ていてイライラする。
何が腹立つかって、残された仕事の尻拭いを俺一人に押し付けられるのが腹が立つ。

俺はちっちゃい男だな。心が狭すぎる。
もっと広い心を持たないと。

「男は大きな河になれ」
心で暗唱しよう。

暇な週

今週はどうしたんだろう?
暇な日が続いている、昨日も今日も来店客数が少なかった。
明日も予約は少ない。おそらく暇ま営業になる事だろう。

まぁ、暇は暇でしょうがない。
平穏に。無事に。営業時間が過ぎるのを耐えるのみ。

と、思っていると社長が来店するのだ。
今日も閉店間際に来店された。
今週は毎日店に顔をだしているが・・・暇なお方だ。

不幸な事に今日は店長が不在だった。
そうなると否応なしに俺が接待しなければならない。

今日の社長のリクエストは「季節のフルーツ盛り合わせ」。

大急ぎで適当な果物を使い「フルーツの盛り合わせ」を作り社長に提供した。
だが、社長は激怒。

「何だぁ!このフルーツは!」

俺は
「スミマセン」と「申し訳ありません」
ペコペコしながら、この2つの単語を繰り返すだけだった。

具体的に何が不満で、何が気に入らないのかは不明。
おそらく「八つ当たり」だと思われる。

年金のお知らせ

月曜日。
今日から又6日間、ツライ労働が始まる。
イヤでイヤでしょうがない、憂鬱だ・・・

しかし、いざ働いて見ると精神が非常に安定する。
日曜日に自宅で引篭もっていると出てくる俺の「精神の弱い部分」「弱気の虫」が職場では出てこないし、心が落ち着く。

イヤイヤ働いていながらも、俺には「無職」は出来そうにない。
根っからの「奴隷根性」が染み付いているようだ。

しかし今日の職場は暇だったな?。
久しぶりにド暇な営業日になってしまった。

何でこんなに客足が遠のいたんだ?
みんな花見にでも出かけたのか・・


「年金」の納付書が届いた。
俺はアルバイトなのでもちろん「社会保険」なんてものには加入していない。
年金も健康保険も自分で納めないといけないのだが・・・

年金・・月々15000円か・・・高い・・
しかし国民の義務だ。あきらめて支払わなければしょうがない。

金持ちの俺は、1年分一括で支払ってやろう。
少しだけ割引にもなるし。

いつも通り

今日は日曜日。
やる事はいつもと同じだ。

 競馬をやる
  ↓
 ハズレ
  ↓
 ヤケ酒・ヤケ食い
  ↓
 ふて寝
  ↓ 
 偏頭痛と吐き気に苦しむ・・・

・・・何だ、このクソみたいな休日の過ごし方は!
自分で自分がホントにイヤになる。

もうイヤだ・・
こんな休日を過ごす為に、週6日こき使われて泣きながら働いているんじゃない。
せっかくの貴重な休日・・もっと有意義に使わないと。
でも、ホント何をしたらいいんだろう?
何をしたいのか自分でもさっぱり見当がつかない。


結局、深夜4時過ぎに偏頭痛も少し治まった。
今日1日、ロクに身体を動かしていない。

気分転換と散歩を兼ねて100円ショップまで買い物に出かけた。
時に小走り、時にゆっくり歩きながら往復4キロほどの散歩だ。

あまり食欲もなかったが、何故か「湯豆腐」が食べたくなった。
豆腐とエノキを購入。帰宅後調理してみた。
調理といっても鍋で茹でるだけだが。

ついでに深夜から部屋の掃除も行った。
まだ弱冠肌寒いが思い切って毛布と電気毛布をしまってしまおう。

10年前に購入した「ミニコンポ」も捨ててしまおう。
このマンションに住んでから一度も使っていないものだし。

これからすこしずつ身の回りのものを整理していく。
いらないもの、使わないものはどんどん処分だ。
キレイに片づけが済んだら本格的に引越しを検討だ。

過去を振り返る

今日は3月31日。
もう、日付は変わって4月1日になってしまったが。

今からちょうど13年前の、1997年の3月31日、俺は当時の愛車「レビン」に乗って地元から、ここ名古屋へとやって来た。21歳の時だった。

全く未経験の職種、新しい職場、初めての一人暮らし・・・
いろいろな不安もあったが、何よりも「希望」と「期待」があった。

そして13年もの月日が流れ・・・
俺は34歳になってしまった。

この13年間、俺は一体何をしていたのだろう?
思い返せばいろいろな経験はあった気がするが・・・

何度か就職と転職を繰り返し、何度かの引越しも行った。

飲食店の店長にもなり、マネージャーにもなった。
かっての上司に引き抜かれて新しい会社の立ち上げにも加わった。

結婚もしたし、離婚も経験した。

違法な裏カジノで勤務して警察にも捕まった。


・・・まぁ、振り返ればいろんなことがあった。
だが、今の俺には結局何も残っていない。

金もないし、守るべき家族もいない。
地位も名誉も人脈も何も無い、飲食店のアルバイトという身分。
地元から名古屋に来る時に持っていた車もなく、現在の愛車は原付バイク。

今の俺には「希望」も「期待」も見えなくなってしまった。
人生に「見切り」をつけるのも大事な事だ。
過ぎ去った13年間があまりにもあっけなかったなぁ。


プロフィール

Author:あおいKS

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。